Youtuber独特の編集方法「ジェットカット」とは?

皆さんは「ジェットカット」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

実はこの手法を用いることで、YouTubeの動画としてのレベルを格段に上げることができます。

今回はこの「ジェットカット」について解説します!

「ジェットカット」とは?

YouTuberの方ぐらいしか聞いたことがないかもしれませんが、ジェットカットはYouTuberが良く使っている編集方法で、とにかく言葉の隙間をなくすようにカットを入れる手法です。

これはジェットダイスケさんという方が編み出した手法で、「えーっと」とか「んー」とかのいらない部分を全部切り抜いてしまうことで、動画の隙間をなくして飽きさせないようにしています。下にジェットダイスケさんの動画を貼ります。

ただ細かくカットするだけでこんなにテンポが良くなるんですね!

「ジェットカット」はなぜYouTube独特の編集手法なのか?

さて、上の動画を見た方はジェットカットによって動画が見やすくなるのが分かったと思いますが、なぜジェットカットはYouTuber独特の編集手法なのでしょうか?

テレビで使われないのはなぜでしょうか?

1 YouTube動画には敵が多い。

テレビと違って、Youtubeは動画を見ている最中にも隣におすすめ動画や関連動画などがでてきてしまいます。したがって、動画を見ていて少しでも間ができてしまうと、視聴者が飽きて他の動画に移ってしまうことがあります。

また、テレビと違ってPCやスマホで見ているので、YouTube以外にも色んな誘惑(ゲームアプリやSNS)などがあるので、そちらに逃げられてしまう危険性もあります。テレビの場合では同時にできますが、PCやスマホの場合だとブラウザが閉じられてしまう確率が上がってしまいます。

しがたって、なるべく動画を飽きさせないために、隙間を減らすジェットカットが有効なのです。

2 テレビの出演者はプロの芸能人であるため

YouTubeと違い、テレビの場合は基本的には編集はテレビ局あるいは制作会社が行い、実際に動画に出演するのは芸能人です。そのため、出演する芸能人は何らかのキャラクターだったり、喋りの技術だったり、番組を飽きさせないようにできます。また、出ている芸能人も数人で出ている場合が多く、基本的に大幅な連続的なカットは必要ありません。

しかし、YouTubeの場合は、基本的にYouTuber本人が出演をする場合が多く、その多くは素人のため喋りの技術でもたすのは至難の業です。また、グループで行っているYouTuberも最近は増えていますが、基本的には一人で行うので動画が間延びしてしまう傾向があります。

そのためジェットカットが有効なのです。

ジェットカットをうまく使っているYouTuber

さて、有名YouTuberはほとんどジェットカットを使っていると思いますが、今回はその中でも特に上手に使っている例を紹介します。

ねこてんさん

ねこてんさんは、有名女性YouTuberです。基本的に家で撮影をしていることが多く、料理動画や雑談動画が多くなっています。登録者数80万人以上。

ねこてんさんのジェットカットを使った代表的な動画

ただ寿司食ってるだけなのに、、、つい見てしまいますね!

実はこの短い動画で色んな編集手法を使っています。しかも音楽と合わせてジェットカットを使うことでかなりテンポの良い動画になっています。

この人はとにかくテンポがいい!

この動画だって2分間ですけど、他のYoutuberなら10分以上の動画に仕上げると思います。

HIKAKINさん

HIKAKINさんは、日本で最も有名なYoutuberでしょう!

UUUM所属の男性Youtuberで、テレビなどにもよく出ているYoutuberといえばこの人といった存在。

この方の説明はいりませんね!

そんな有名人のHIKAKINさんも、もちろんジェットカットを使っています。

HIKAKINさんのジェットカットを使った代表的な動画

Youtuberになったらまず「ジェットカット」を使おう

もしあなたがYoutuberとして活躍したければ、きちんと「ジェットカット」を使ってテンポの良い動画を作成しましょう!

「ジェットカット」はただ自分の会話をつなぎ合わせて細かくカットするだけなので、どんな人でも使える技術だと思います。

Youtube初心者はこれからやっていけばよいでしょう!

  •  視聴者を飽きさせないテンポ良い動画ができる
  •  トーク力やキャラクター性をごまかせる

以上になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。